アーカイブスセレクション

2018年

40 東京急行電鉄 1970 (2018年10月号別冊)

B5判164ページ 定価1579円(本体1435円)

すでに成熟した市街地を走る東横線をはじめとした開業以来の各線に加え、未開発の田園地帯に新線を建設した田園都市線、民鉄としては異例の実質的な地下鉄となる新玉川線など、大規模な新線建設事業とそれに伴う近代的なステンレスカーの大量増備で、大きく飛躍した東京急行電鉄の1970年代について、当時の「鉄道ピクトリアル」に掲載された会社執筆記事を写真などを再セレクト・再構成して収録。


39 国鉄蒸気機関車 タンク機 (2018年5月号別冊)

B5判156ページ 定価1579円(本体1435円)

タンク式機関車にスポットを当て、明治期のもっともポピュラーな国鉄形蒸機であるB6形をはじめ、昭和期のC10、C11、C12、国鉄機関車としては特殊な経歴を持つ4110形、E10形についての形式解説、また国鉄のみならず全国の私鉄に在籍したタンク式機関車の紹介、各機関車が配置されていた全国の機関区訪問レポなどを、1950~1960年代の「電気車の科学」「鉄道ピクトリアル」から再構成のうえ再掲。