最新号

は在庫僅少です。

2017年

No.939 2017年12月号

特集:東京メトロ銀座線90年

1927(昭和2)年12月30日に東洋初の地下鉄として東京地下鉄道により上野ー浅草間を開業、以来戦前期の東京高速鉄道との確執・直通運転などを経て渋谷まで開通し、戦後東京都心の地下鉄網を構築・発展させるさきがけとなった東京メトロ銀座線の開業90年を記念し、その歴史、かつての環状線計画など秘話、開業時の1000形をはじめとした車両の技術史、近年の改良工事解説記事などを収録。

■定価980円


No.938 2017年11月号

特集:72系旧形国電

戦後、日本の鉄道で初めて20mの車体長・4扉を本格的に採用し、復興輸送から高度経済成長期までの増大する大都市圏の輸送需要に応えた72系電車。現代の通勤電車の始祖ともいえる形式を、その前史にあたる戦中の4扉化改造車を含めた形式概要、大手民鉄に投入された同系列にまつわる話、1970年~80年代の72系をはじめとした旧形国電の転配の詳細など、生い立ちから晩年までを解説する。

■特別定価1180円


No.937 2017年10月号

特集:通票閉そく式

かつて国鉄・私鉄を問わず単線のローカル線区を中心に標準的な閉そくシステムとして運用されてきた通票閉そく式。その基本的な仕組みと歴史、運用方法の解説をはじめ、同方式には欠かせないアイテムであるタブレットキャッチャーと関連機器の解説、さらに今も通票閉そく式が残る衣浦臨海鉄道での取材により実際の作業を解説し、近代化が進む鉄道で忘れられつつある方式をいま一度振り返る。

■定価980円


No.936 2017年9月号

特集:キハ183・185系

老朽化したキハ80系の置き換え用として試作車が1979(昭和54)年に登場、1981年より量産車の製造が開始され北海道の気動車特急近代化に貢献、さらにJR化後を見据えて登場した500・1500番台も含め特急気動車のスタンダードとなったキハ183系、また四国での気動車特急置き換え用として登場したキハ185系について形式概要、運転史、また機関についての考察などの記事を収録。

■定価980円


No.935 2017年8月臨時増刊号

特集:京浜急行電鉄

新形式車両への世代交代も大きく進捗、京急蒲田駅の立体化・駅改良工事も完成し、空港線への横浜方面からの直通運転開始・羽田空港国際線ターミナル駅開業など、空港輸送に、そして本線系統についてもさらに列車・運転体系も充実した京浜急行電鉄ついて、会社執筆による沿革・現況紹介記事と趣味者による研究記事、現有車両の詳細な解説記事、各種資料などを収録。

■定価2300円


No.934 2017年8月号

特集:上越線電化70年

関東地方と日本海側を結ぶべく1931(昭和6)年に全通、上越国境に長大な清水トンネルを建設し、当初より電化運転を行うなど、日本の鉄道技術を語る上でも欠かせない山岳幹線の代表格、上越線について、歴史と現状、特徴的な配線の解説、特急街道であった頃の賑わいの姿、また貴重な電気機関士の回想などの記事を収録。

■定価980円


2017年6月号別冊

国鉄形車両の記録 鋼製郵便荷物電車

モニ53(後のクモニ13)形から始まる国鉄の鋼製郵便荷物電車について、国鉄とともに郵便荷物輸送を終えるまでの歴史と旧性能・新性能各形式についての車両解説、最後の郵便荷物電車ともいえるクモユニ143形の幕張電車区転属後のあゆみ、JR西日本のクモハ123形の現況、運用区間と密接な関係を持つ車両の「向き」についてなどの解説記事を収録。

■定価2000円


No.932 2017年6月号

特集:特急「あずさ」50年

1966(昭和41)年12月12日、比較的運転距離の短いローカル特急のはしりとして運転を開始し、50周年を迎えた「あずさ」について、その半世紀のあゆみ、国鉄時代の運用形式である181系・183系・189系の全盛期の運用と配置の推移、運転開始直後の試乗記やスピードアップの軌跡、臨時特急などについて幅広く収録。

■定価980円


No.931 2017年5月号

特集:郵便・荷物電車

鉄道の歴史とともにはじまり、かつては国鉄・私鉄で全国的に行われていた郵便・荷物輸送の、電車に対象を絞り歴史や制度、車内設備を考察、また昭和末期・終焉を迎えるまでの国電荷物輸送について運用・ダイヤを解説するほか、私鉄の郵便荷物電車について、またJR東日本長野総合車両センターに残るクモユニ143形の現車取材記事を掲載。

■定価980円


No.928 2017年2月号

特集:最後の583系

高度経済成長時代の運用効率向上と車両基地の収容力不足問題を一挙に解決する手段として、昼夜兼行で走行できる寝台電車として誕生した581系・583系。その形式概要、登場当時の貴重な写真、民営化後の動向と現状、JR発足以降の運転の変遷などで、今静かに表舞台から去りつつある国鉄特急電車の名車両を偲ぶ最後の特集。

■定価980円


No.927 2017年1月号

特集:勾配線区を行く

山岳国である日本の鉄道に宿命的な山を登る路線ー勾配線区について、その趣味者をひきつけてやまない魅力、日本の主要峠越え・急勾配区間、また抑速ブレーキの技術について解説、さらに碓氷峠越えについて元機関士へのインタビュー、EF63体験運転現場レポ、南海高野線の歴史と急勾配対策についての記事などを収録。

■特別定価1180円


page top