メモ帳

2024年2月のメモ帳

2月1日
■JR東日本 車両CBM(状態基準保全)の一環で山手線E235系電車の車両機器の「画像による状態確認」の運用を開始
2月6日
■JR東日本 輸送安定性の向上や技術革新に向けて推進している信号システム・業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを発表
■JR東日本 鉄道車両整備職種(走行装置検修・解ぎ装作業)でタイから技能実習生の受け入れの開始を発表
■JR九州 2024年3月期第3四半期決算を発表
2月7日
■熊本市・JR九州・住友商事・住友商事九州 カーボンニュートラルの実現に向けた連携協定を締結
2月8日
■国土交通大臣 JR西日本城端線・氷見線の鉄道事業再構築実施計画について「地域公共交通の活性化および再生に関する法律(地域交通法)」第24条第2項に基づき認定
2月9日
■JR東日本 2024年3月16日の北陸新幹線金沢─敦賀間の延伸開業に合わせて同区間の魅力を訴求する流動促進プロモーションをスタート
2月13日
■JR東日本 山手線・埼京線池袋と南武線武蔵溝ノ口の両駅でアバターロボットによる指定席券売機への誘導やきっぷ購入方法についての案内の実用検証を開始
2月14日
■JR東日本・JR東日本商事・KDDI デジタル空間に横須賀・総武快速線のE217系電車の内部を再現して座席や吊革などの鉄道古物販売に向けた需要調査の実証実験を開始
■JR東日本 令和6年能登半島地震の被災地復興を支援するための特別企画乗車券「北陸応援フリーきっぷ」の発売を発表
■JR西日本 令和6年能登半島地震の影響を受けている北陸への送客や地域での消費を促進する取り組みの推進を発表
■JR西日本 2024年度から2026年度にかけて東海道・山陽新幹線N700S(16両編成)を4編成の増備を発表」
■JR四国 老朽化したキハ40系気動車の置換用に同社初となるハイブリット式車両の導入を発表
2月15日
■JR東海・JR西日本 東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービス「エクスプレス(EX)予約」の法人会員を対象に新幹線利用に伴う二酸化炭素排出量が実質ゼロになるサービスを2024年4月に開始を発表
■JR東海・ジェイアール東海物流 東海道新幹線を利用した法人向け即日荷物輸送サービス「東海道マッハ便」の開始を発表
2月16日
■JR北海道 「JR北海道グループ経営改善に関する取り組み」の2023年度第3四半期報告書を公表
■JR四国がグループ「中期経営計画2025の達成に向けた取り組み」で2023年度第3四半期の報告書を開示
2月19日
■JR九州・福岡県・大分県 「福岡・大分デスティネーションキャンペーン」の概要を発表
■JR九州 久大線の新D&S列車「かんぱち・いちろく」の外観や内装デザインなどを発表 編成はキハ47形2両の中間にキハ125形を組み込む3連で,デザインはJR九州の協働パートナーで日豊線霧島神宮駅のリニューアルを手掛けたIFOO(鹿児島市)が担当,車体に同線の路線図を描くなど,車両全体で沿線の特色を表現する.
2月21日
■JR東日本・日本郵政・日本郵便 社会課題の解決に向けた連携強化を目的とした協定を締結
■近畿日本鉄道2013系「つどい」リニューアルを報道公開
2月22日
■JR九州 香椎線西戸崎─宇美間での「GOA2.5自動運転」を2024年3月16日から本格運用を発表
2月25日
■JR東海 静岡県大井川流域の8市2町の首長と意見交換会を開催 リニア新幹線の建設工事をめぐるもので,会議上では流域の市町・町長が工事中のモニタリングの方法や場所について,地域の声を聴いて決めて欲しいなどと要望した.また,県は地下水の流出を懸念して,山梨県境300m手前で工事をやめるよう求めているボーリング調査については,早く進めて欲しいと述べた.
2月26日
■JR東日本など 青森駅東口旧駅舎跡地を活用した新駅ビル「JR青森駅東口ビル」を2024年4月26日に開業を発表
■JR西日本など 「うめきた2期地区」の先行まちびらき日を2024年9月6日に決定を発表
2月27日
■JR四国 2024年3月22日にグランドオープンする高松駅ビル「TAKAMATSU ORNE」(タカマツ オルネ)の出店店舗や開業イベントなどを発表
2月28日
■JR東日本HB-E300系観光列車「SATONO」を報道公開
2月29日
■JR西日本・北陸電力 再生可能エネルギー由来電力を北陸新幹線に供給するオフサイトPPAの締結を発表
●長期運休区間(2024年3月11日時点)
〇JR北海道根室線東鹿越─新得間 平成28年台風10号のため
〇JR九州肥薩線八代─吉松間 令和2年7月豪雨災害のため 
〇くま川鉄道湯前線人吉温泉─肥後西村間 令和2年7月豪雨災害のため 
〇JR東日本陸羽西線新庄─余目間 国道トンネル工事のため 
〇JR西日本山陰線長門市─小串間・JR西日本美祢線厚狭─長門市間 令和5年梅雨前線による大雨のため
●令和4年の豪雨災害での運休区間など
【JR東日本】津軽線蟹田─三厩間,米坂線坂町─今泉間 【大井川鐵道】大井川本線家山─千頭間

page top

2024年1月のメモ帳

1月1日
■令和6年能登半島地震発生 2024(令和6)年1月1日16時06分に石川県珠洲市で最大震度5強の地震(マグニチュードは5.7,震源の深さは10km)が発生した.この直後となる16時10分には石川県志賀町と輪島市で最大震度7を観測する地震(マグニチュードは7.6,震源の深さは16km)が発生,震度6強を石川県七尾市,珠洲市,穴水町,能登町,震度6弱を石川県中能登町,新潟県長岡市で観測した.地震発生後間もなく,長崎県から北海道沿岸の広範囲にわたって津波警報と津波注意報を発令,直後となる16時23分には能登半島付近を大津波警報も発令され,最終的に津波注意報が解除されたのは翌1月2日午前10時であった.
1月2日
■羽田空港C滑走路で日本航空機と海上保安庁機の衝突・炎上事故が発生 2024年1月2日17時50分頃,東京都大田区の羽田空港のC滑走路で日本航空516便(新千歳空港15:50発→羽田空港17:35着)と能登半島地震で新潟航空基地へ物資輸送する途中であった海上保安庁の航空機が衝突,日航機・海保機ともに炎上して全焼した.全損した機種は日航機がエアバスA350-900型機,海保機はボンバルディアDHC8型機.この事故で海保機側の5人が死亡,日航機側の14人が負傷した.事故の影響で羽田C滑走路は1月8日0時まで使用できなくなり,C滑走路を除く3本(A・B・D滑走路)で運用することになったが,羽田空港を離発着する多くの便で欠航が相次いだ.この事故を受けて,JRでは新幹線は臨時「はやて」(上りのみ),臨時「はくたか」(上りのみ),「のぞみ」(下りのみ),臨時「ひかり」(博多→新大阪)を,在来線では札幌─函館間に臨時特急を1往復(1月3日は札幌→函館間,4〜5日は札幌─函館間往復,6日は函館→札幌間)をそれぞれ運転した.
1月4日
■JR貨物・全国通運連盟 「令和6年能登半島地震」で被災した自治体に対する企業などからの救援物資(救援用寄贈品)を当面は無償で輸送を行うと発表
1月5日
■JRグループ旅客6社 年末年始期間(12月28日〜1月4日)の輸送概況を発表 
1月8日
■羽田空港C滑走路を運用再開
1月9日
■鉄道建設・運輸施設整備支援機構 のと鉄道七尾線に鉄道災害調査隊を派遣 令和6年能登半島地震で被害が発生したのと鉄道七尾線に鉄道災害調査隊を10日にかけて派遣した.
■JR北海道 ホームページ上で提供する列車運行情報を刷新 新コンテンツで,影響エリアマップ,列車走行位置などを開設した.
1月10日
■日本民営鉄道協会など 勤務場所の都合で就労困難になる社員を民鉄各社が相互で受け入れる民鉄キャリアトレインのスキームを78社に拡大を発表
1月11日
■JR西日本・南海電気鉄道 関西空港駅でユーザーデバイス操作型AI案内システムの共同実証実験をスタート
1月12日
■国土交通省中国運輸局 芸備線備中神代─備後庄原間の再構築協議会を設置決定したと発表
1月17日
■JR貨物 コンテナ貨物と車扱貨物の基本運賃を2024年4月1日から6%引き上げ改定を行うと発表
■JR東日本 役員人事 いずれも2024年4月1日付で深澤祐二代表取締役社長は取締役会長に就任,後任の代表取締役社長に喜勢陽一代表取締役副社長・マーケティング本部長が昇格する.
1月18日
■JR東海 313系・315系を対象に全般検査と重要部検査の実施周期を4月から延伸を発表
1月19日
■JRグループ旅客6社 3月1日〜6月30日の春期間に運転する臨時列車の概要を発表
■JR西日本・のと鉄道 令和6年能登半島地震で被災したのと鉄道七尾線の復旧工事の進め方を発表
1月22日
■運転再開 JR西日本七尾線羽咋─七尾間,七尾─和倉温泉間は2月15日に運転再開を予定.
1月23日
■JR東日本東北新幹線上野─大宮間で架線が垂れ下がる事故が発生 1月23日9時58分頃,東北新幹線上野─小山間,上越新幹線大宮─熊谷間で停電が発生,東京─仙台・新潟・長野の各区間で上下線とも運転できなくなった.大宮─上野間の線路をJR東日本が確認した所,さいたま市中央区内の上り線で架線が約150mにわたって垂れ下がり,架線を支える金具も数箇所壊れていた.また,停電発生時に現場に差し掛かった「かがやき504号」(金沢7:51発→東京10:20着)はパンタグラフが2箇所とも壊れて自走できない状況となった.同日午後,復旧作業に向かっていた作業員2人が感電する事故も発生した.この事故の影響で,23日は東京─仙台・高崎間は終日運休となり,翌24日から運転を再開した(ただし一部列車は運休).
1月24日
■JR東日本東北本部・日本郵便東北支社 仙山線作並駅で駅と郵便局の窓口業務一体運営を開始
1月26日
■国土交通省 北陸新幹線金沢─敦賀間の鉄道施設の完成検査完了を受けてJR西日本に合格証交付
■近畿日本鉄道奈良線1233系リニューアル車を報道公開
●長期運休区間(2024年2月13日時点)
〇JR北海道根室線東鹿越─新得間 平成28年台風10号のため 
〇JR九州肥薩線八代─吉松間 令和2年7月豪雨災害のため 
〇くま川鉄道湯前線人吉温泉─肥後西村間 令和2年7月豪雨災害のため 
〇JR東日本陸羽西線新庄─余目間 国道トンネル工事のため 
〇JR西日本山陰線長門市─小串間 令和5年梅雨前線による大雨のため 
〇JR西日本美祢線厚狭─長門市間 令和5年梅雨前線による大雨のため
●令和4年の豪雨災害での運休区間など
【JR東日本】津軽線蟹田─三厩間,米坂線坂町─今泉間 【大井川鐵道】大井川本線家山─千頭間

page top